◆「幻想とメルヘンの童話」 2016年3月12日~3月21日

DMomote DMura

クラフトアート人形コンクール・スパンアートギャラリー・ギャラリーリトルハイ共催企画

「幻想とメルヘンの童話」

平成28年3月12日(土)~3月21日(月)
12:00~19:00(最終日17:00まで)
入場無料 水曜(16日)休廊


創作人形作品のプロ作家のための大規模なコンクール「クラフトアート人形マッチングコンクール」。
今年の本選は3/9~3/15の日程で東京・上野松坂屋において「創作人形展」として行われます。

今回その中でも大注目の人気作家5名によるグループ展が中野のギャラリーリトルハイで実施されます。

それぞれの個性的な作品はそのどれもがとても繊細で可愛く、美しく、そして妖しい雰囲気で観る者を魅了していきます。幻想メルヘンの世界をゆっくりご堪能ください!


[nggallery id=17]

【出展作家プロフィール】

・Qeromalion鳴力(クェロマリオン・ミンリー)

2012年 DOLL EXPO 2012 入選

2015年 第2回クラフトアート人形コンクール種村品麻賞

     MIDOW展2015 佳作入賞


・羽鳥聖子(ハトリ・セイコ)

2000年頃より人形制作開始

2007年  三人展 シンショク

2014年  クラフトアート人形コンクール 大丸松坂屋賞

個展 遠い異国の夏と冬

2015年  神戸アートマルシェ2015


・真咲(マサキ)

大阪芸術大学美術学部専攻

2006年 創作人形作家大山冨美子に師事  

2012年 ビスクドール制作開始

     DOLLEXPO入選

2013年 大丸人形展

2014年 ギャラリーぶんかとう

2015年 銀座人形館エンジェルドールズ「BOYS」

神戸ドールミュージアム常設


・近未来(キンミライ)

大分県出身

エコール・ド・シモンにて人形を学ぶ。


・ちゃお

栃木県日光市生まれ

2012年  TBS doll show2 

     ドールアート展うつくしま第6回全国人形展 入選

2013年  ART Box Doll新人賞入選    

2014年  創作人形50人展      

     創作人形展 「春」  

     第7回全国人形コンクール

     第3回 にんぎょう うらら展

2015年  ドールアート展うつくしま第7回全国人形展 審査員特別賞受賞

     創作人形展 「春」

     第4回 にんぎょう うらら展


最終更新日

2016年3月23日 | カテゴリー :

◆「丸山清人展」 2016年1月8日~1月18日

DM_画像面2 DM_宛名面

丸山清人個展 「THE銭湯富士~伝説の背景画絵師~」

平成28年1月8日(金)~1月18日(月)
12:00~19:00(最終日17:00まで)
入場無料 水曜休廊


銭湯・・・それは古き良き昭和の時代の温もりを今も残す日本人の心の故郷。

広々とした湯船にゆったりと浸かり、雄大な富士山の絵を見ながら一日の疲れを癒す時、誰もが失われた何かを想い出す。

約100年前に初めて描かれた銭湯の名物ともいえる「ペンキ絵」は、庶民文化の歴史においても大変貴重な素晴らしいアートです。

現在それを熟練の技で描くことのできるペンキ絵師は日本で二人しかおらず、その一人が今年80歳最高齢の伝説の背景画絵師丸山清人氏です。

丸山氏の熟練の刷毛さばきは信じられない速さと正確さで作品を完成させていきます。その制作過程もが一瞬のアートと呼ぶにふさわしいほどです。

湖から望む壮大な富士の山、優しく広がる穏やかな湖。匠の技で描かれたその繊細な質感や空気感は観る者全てに静謐を感じさせるまさに「静の世界」です。

今回の個展では家に飾っていただけるサイズほどの貴重な直筆のペンキ画大小約30点が展示販売されます。丸山氏の描く「THE銭湯富士」をゆっくりお楽しみ下さい!

※今回個展のDMビジュアル「本栖湖 赤富士」に関して

朝陽が雲にあたり反射した光が富士を赤々と染める一年に一度あるかないかの奇跡の現象「赤富士」は古来より大吉運の兆しとされ、観る者の運気を上げて幸福を招くと言われています。縁起画として描かれることの多いこの「赤富士」は銭湯画で描かれることはほとんどなく、それゆえに出会えた者には幸運が訪れるという幻の銭湯画です。この縁起の良い「丸山赤富士」をご覧になって開運の願いを叶えて下さい。

銭湯の背景画は、大正時代に千代田区にあった銭湯が、入浴されるお客さんを楽しませようと壁に絵を描いたのが始まりとされております。その後、広告会社がこの浴場壁画を無料で銭湯へ提供する代わりに、地元商店街などの広告を壁画の下に掲示させてもらうという形で広まりました。銭湯背景画の最盛期は1970年代で、当時は都内だけでも2,500~2,600軒もの銭湯があり、丸山さんも1日に2つの銭湯で絵を描き上げる日があるほど忙しかったということです。


SONY DSC

丸山清人プロフィール

1935年(昭和10年)生まれ。父親が銭湯広告物専門の会社に勤務していた関係で幼い頃から画師がそばにいる環境で育つ。絵を描くことが好きで、美術学校を卒業後、父親と同じ会社へ就職し、ペンキ運びなど兄弟子の手伝いからスタート。現場で絵師としての技術を学び、25歳には一人で絵を任されるようになる。名実ともに銭湯背景画師の第一人者。


最終更新日
2016年2月4日 | カテゴリー :