◆「丸山清人展」 2019年3月15日~3月25日


丸山清人個展 「THE銭湯富士 ~静の世界~」

2019年3月15日(金)~3月25日(月)
12:00~19:00(最終日17:00まで)
入場無料 水曜休廊


伝説の銭湯背景画絵師。匠の技で描かれた美しい「静の世界」。

約100年前に初めて描かれた銭湯の名物ともいえるペンキ絵「銭湯背景画」は、日本の庶民文化の歴史遺産ともいえる大変貴重な素晴らしいアートです。

美しい湖や海の彼方にそびえ立つ雄大な富士の絵を眺めていると、昭和の古き良き時代の温もりを感ぜずにはいられません。

現在それを描くことのできるペンキ絵師は日本で三人しかおらず、その中で現役最高齢現在83歳の伝説の銭湯背景画絵師が丸山清人氏です。

丸山氏の熟練の刷毛さばきは信じられない速さと正確さで作品を完成させていき、その制作過程もが一瞬のアートと呼ぶにふさわしいほどです。

また丸山氏の描く富士の背景画は驚くほど様々なバリエーションがあります。

優しく広がる穏やかな湖の奥に佇む富士、海の彼方に壮大にそびえ立つ富士、朝陽が雲にあたり反射した光で赤々と染まった富士。そして時には横浜の夜景をも銭湯富士に!

匠の技で描かれたその繊細な質感や空気感は観る者全てに静謐を感じさせるまさに「静の世界」です。

今回の個展では家に飾っていただけるサイズほどの貴重な直筆のペンキ画大小約40点が展示販売されます。

丸山氏の描く美しい「THE銭湯富士」を眺めながらゆっくりと銭湯の気分を味わってお楽しみ下さい!

※今回個展のキービジュアルは丸山さんもめったに描かない珍しい貴重な「逆さ富士」です。

銭湯の背景画は、大正時代に千代田区にあった銭湯が、入浴されるお客さんを楽しませようと壁に絵を描いたのが始まりとされております。その後、広告会社がこの浴場壁画を無料で銭湯へ提供する代わりに、地元商店街などの広告を壁画の下に掲示させてもらうという形で広まりました。銭湯背景画の最盛期は1970年代で、当時は都内だけでも約2500軒も銭湯があり、丸山さんも1日に2つの銭湯で絵を描き上げる日があるほど忙しかったということです。



丸山清人プロフィール

1935年(昭和10年)生まれ。父親が銭湯広告物専門の会社に勤務していた関係で幼い頃から画師がそばにいる環境で育つ。絵を描くことが好きで、美術学校を卒業後、父親と同じ会社へ就職し、ペンキ運びなど兄弟子の手伝いからスタート。現場で絵師としての技術を学び、25歳には一人で絵を任されるようになる。名実ともに銭湯背景画絵師の第一人者。


最終更新日
2019年2月15日

◆「小林健二展」 2019年4月26日~5月7日

「Crystal Specimen -結晶標本-」

小林健二 個展

2019年4月26日(金)~5月7日(火)
12:00~19:00(最終日17:00まで) 休廊なし 入場無料


-神秘的で不思議な美しい結晶の世界-

絵画、立体、インスタレーション、映像、音楽など多彩な表現で創作活動を続けるアーティスト小林健二氏。その深い知識と高度な技術が織り成す作品は神秘的でありながら、どこか郷愁を感じさせる不思議な感覚で観る者を魅了します。

これまでファインアートの世界での作品発表の個展が多かった小林氏ですが、今回は別の面である彼の探究心から生まれた結晶作品に焦点を当てた特別な展覧会となります。

小林健二氏は子供の頃より上野の国立科学博物館に通い、鉱物標本室に心を奪われる少年時代を過ごしてきました。そんな科学少年だった彼が結晶の世界に魅せられてから50年近い年月が経ち、様々な物質の結晶を育成することに興じることになります。

科学が魔法の様に思われていた昔から変わらず存在する鉱物の魅力、それを体感する一人であった小林健二氏です。地中の深い場所で気の遠くなるような時間をかけて秘密裏に鉱物結晶の生成は行われますが、表現者としての彼の好奇心によって自らそのプロセスを体験するがごとく結晶作品が生まれてゆきます。

今回の個展では小林氏が自ら一つ一つ時間をかけて育成した美しい結晶作品約100点が展示販売されます。そして代表作である不思議な土星作品の新作も展示する予定です。

不思議で神秘的でどこか懐かしさを感じる美しい結晶の数々をぜひお楽しみ下さい。

4/27(土)夕刻より作家在廊



小林健二プロフィール

1957年東京港区生まれ

オフィシャルサイト kenji-kobayashi.com

展覧会(抜粋)

1991 [BEYOND THE MANIFESTOー美術とメッセージー]水戸芸術館

1992 [色の博物誌・青ー永遠なる魅力]目黒区美術館

1994 [美術と博物展]福井県立美術館

1999 [内と外-Inside and Outside-]富山県立近代美術館

2000 [水晶の塔をさがしてー現代アートが開く「私」の世界]福岡市美術館

2003 [ひかりさえ眠る夜に]福井市美術館

2005 [地球に咲くものたちー小林健二氏の鉱物標本室からー]石と賢治のミュージアム

2015 [Nocturnal Saturiun-土星夜-]Magallanica

2017 [IYNKUIDU TFTWONS]Gallery TSUBAKI

主な出版物

「AION」用美社・「みづいろ」「PROXIMA」銀河通信社・「ぼくらの鉱石ラジオ」筑摩書房


最終更新日
2019年3月12日