◆「相原コージ展」 2018年8月9日~8月21日




画業35周年記念

相原コージ個展

2018年8月9日(木)~8月21日(火)
12:00~19:00(最終日17:00まで)休廊なし 入場無料


ギャグ漫画界のカリスマ相原コージ氏の画業35周年記念の個展が中野ブロードウェイで開催!

常に実験的なアイデアやストーリーに挑み続け、ギャグ漫画の常識を変えてきた奇才ギャグ漫画家相原コージ氏。

ギャグ漫画の新たな方向性を確立し哲学ギャグ漫画とも呼ばれる相原氏の漫画は、そのどれもが既成概念にとらわれない斬新で実験的な表現方法で描かれ、独自の観点から追及されたその笑いには常に深いメッセージが込められています。

4コマ漫画の常識を覆した伝説の名作「コージ苑」、動物生態ギャグ漫画の名作「かってにシロクマ」、本格派忍者マンガの傑作「ムジナ」、動物界の格闘技を描く異色作「真・異種格闘大戦」、映画化もされたゾンビ漫画「Z~ゼット~」等数々のヒット作を生み出してきた相原氏は最近では初のマンガ原作を手掛けた過激な問題作「愛のバビロン」が話題になるなど多方面で活躍されています。

相原氏の画業35周年記念として開催されます今回の個展では、「シロ」「ウリ坊」「ムジナ」などの人気キャラクターをはじめ、相原氏がデザインを手掛けた伝説のゲーム「摩訶摩訶」「イデアの日」のキャラクター達などもあらたに描き下ろし、約40点の作品が展示販売されます。

コージ苑の数々の楽しい名キャラクター、お茶目で可愛いシロやウリ坊、かっこいいムジナ、懐かしいプレイがよみがえるゲームのあやしいキャラクター達。笑劇の相原ワールドオールスターズにぜひ会いに来て下さい。


相原コージ

1963年生まれ。1983年に漫画家デビュー。

革新的なキャグマンガを次々に発表し話題に。

代表作は「コージ苑」「かってにシロクマ」「ムジナ」「真・異種格闘大戦」 「Z~ゼット~」など。

最終更新日
2018年6月23日